米ドル円スプレッド0.1銭~0.2銭の時代へ!業者の競争が激化!

FX
スポンサーリンク

仕掛けたのは楽天証券!?

そう!それは、2019年10月15日でした。突如楽天証券が動き出したんです。
米ドル円スプレッド0.2銭原則固定のキャンペーンが開始されました。

この衝撃は瞬く間に業界に流れ込みました。
このインパクトには驚いた人も多数いたのではないでしょうか。
実際私も楽天の口座を持っていましたので即座に確認しましたw

スタートはきられた!各社次々と米ドル円0.2銭スプレッドに!?

この楽天のスタートをきっかけなのかわかりませんが、大手のFX業者が次々に米ドル円0.2銭原則固定を提供し始めたんです。 同日の15日に、GMOクリック証券が米ドル円0.2銭に縮小すると発表。 さらに、DMM FXも続いて米ドル円スプレッド0.2銭に縮小すると発表。さらには、YJFXもその流れに乗って0.2銭の発表をしました。更に、外為どっとコムもキャンペーンとして米ドル円0.2銭を発表しました。

こうして一気に米ドル円0.2銭原則固定スプレッドは当たり前かのように2019年10月15日に一気に広がりました。この日、FX業界には大きな衝撃が走ったのではないでしょうか。

これまで長く0.3銭の時代が続きましたが、これからは、0.2銭が当たり前の時代となるのではないでしょうか。それはともかく、FX業者からすると手痛いはずだと思います。ここまでスプレッドを狭くして利益はあるんでしょうか…。

0.2銭じゃ意味がない!米ドル円スプレッド0.1銭原則固定!?

なんと、その2019年10月15日に突如発表された米ドル円0.2銭原則固定のスプレッド発表から翌日の16日にさらなる衝撃が走りました!

みんなのFX米ドル円スプレッド0.1銭原則固定キャンペーンを発表し、合わせてLIGHT FXも米ドル円0.1銭で提供と発表しました。どちらもトレイダーズ証券の会社ですが、どちらも攻めますねw
もう意味がわかりませんw業界最狭水準というか、No.1に狭いでいいでしょwそれより狭いスプレッド無いと思いますがw

この発表が更なる業界に激震をあたることになり、米ドル円0.1銭がNo.1スプレッドに躍り出ることになったんです。
0.1銭ってwこれ赤字で提供ってことですか?昔に0銭ってのもあった気がしますが、確かその会社すぐにつぶれた気がします。
トレーダー側にとってはメリットしかないですが、逆にちょっとFX業者のことが心配になるのは私だけでしょうかw

しかし、まぁスプレッドは狭けりゃ狭い方がありがたいわけで、0.2銭より0.1銭の方が確実にメリットになります。勝率は0.2銭よりも0.1銭の方が勝つ確率は大幅に上がりますからね。
それも日本で一番取引されている米ドル円という通貨ペアのスプレッドが0.1銭になったんですから、それはもうびっくりしかないです。
※2019年12月13日調べではすでにキャンペーンは終了して0.2銭となっています。

FX業界の今後について

今後のFX業界については、この米ドル円スプレッド競争をきっかけにいろいろと動き出しそうですね。米ドル円以外の人気通貨ユーロ円やポンド円なども含めて各社激しく競争が始まる予感がします。言ってしまえば、ドル円じゃなくて、ユーロ円で1位を取ればそれだけでまた注目を集めることができますからね。

どの通貨も一番狭くすると会社の利益に大きく影響しますので、そこはちょっと捨て身の作戦になってくるのでは無いでしょうか。
私たちトレーダーにとってはうれしいことですが、会社に倒産されても困るのはトレーダーなので、ここは健全に運営していっていただきたいのが私の想いですね。

今後は、まだまだスプレッド競争が激しくなると思いますので業界に注目してまた情報を発信していければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました