FX必勝法!仲値のトレードでスキャルピング!9時45分から勝負!

FX

FXで勝つための手法の1つとして仲値のトレードでスキャルピング!という手法を見つけたのでご紹介します!

スポンサーリンク

仲値とは?

仲値とは、金融機関が毎日朝9時55分の為替レートを参考に決定するのですが、外国為替証拠金取引、そうFXをするための基準となるレートことをさします。
TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)ともいいます。

仲値のトレードでスキャルピング!

その時間に向けて基本的にはパターン化された値動きが多いみたいで、そこを狙った取引手法を仲値のトレードと言います。
テクニカル分析などの難しい理論は必要が無く単純のその時間へ向けた値動きを狙った取引手法なので初心者にも簡単にできそうな気がします。
時間によって動くケースを狙うため、その時間だけ集中するだけでほぼなんの知識も必要が無いといえます。時間で動くというと「9時ガラ」と呼ばれるものもありますね。

9時ガラ

日本時間の朝9時にドル円相場が大幅に下落する相場の現象を9時ガラと呼びます。

ポイント
  • 日経の寄り付きに影響される
  • 日経寄り付きの値動きを利用し、9時にアルゴリズムが売買をする
  • 三菱東京UFJ銀行経由での輸出企業のドル売りがされる

仲値トレードのやり方とは?

大体9時45分から9時55分の仲値が決まる時間にかけて、ドルは上がっていく傾向が非常に強くあるようです。
あまり早く買うのではなく、9時45分を狙ってジリ高になる可能性が高いようなので、第1の手法としてそこで1回買って、9時51分~53分あたりで天井をつけるので反落するため、そこで利食いというやり方が王道のようです。欲を出さずに数pipsでもプラスなうちに利食いをすることが非常に大事です。

1度反落した際にもう一度買うというパターンもOKのようで、再度9時55分にかけてドル相場が上がるようです。なのでさらに上がったところで利食いというやり方も第2の手法となるようです。

その9時55分~56分に新規で売りを入れ、57分~58分あたりで下がったところで買い戻して更に利確というやり方が第3の手法となります。

このような動きが9時45分から始まる「可能性が高い」ということです。

あくまでも「可能性が高い」という点だけ注意が必要ですね。
しかし、これなら初心者でもわかりやすい手法だと思います。

なぜ仲値トレードは上がるのか?そして下がるのか?

輸入企業は仲値にかけてドルを買ってくるみたいなのですが、輸入企業は毎日ドルを買うみたいなんです。原油とかの決済ができないため毎日買うということを繰り返すようです。
さらに輸出企業は、ある程度レートを見ながら高いところでまとめて売ってくるようです。
ですので、一気に輸出が出るときは仲値は上がらないというパターンもあるということのようです。ところが、輸出は出てこないケースも多いため、仲値にかけて高くなることが多く仲値が決まった後に下がるというパターンが圧倒的に多いようです。

動画でわかりやすく説明されていました

オレ的ゲーム速報JIN FX投資部のJINさんの動画で紹介されていたのを参考にご紹介しました。動画の方もわかりやすく紹介されているのでぜひ仲値トレード必勝法をチェックしてみてください。

【JFX小林社長のFX講座1】FXで勝つには時間が大事!仲値トレードを極めろ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました